小動物医療を支援する先端技術(事業紹介)

農工大・多摩小金井ベンチャーポート遺伝子検査モノクローナル抗体 タグ追加

wkx2011

再生: 1,261

プライベートEXPO > 農工大・多摩小金井ベンチャーポート 人材 > その他 
当社は、イヌやネコなどの小動物を対象とした獣医領域で、「遺伝子検査受託」「研究用試薬の開発」「活性化リンパ球培養技術支援」の業務を行っています。特に癌や感染症などの病気の原因を探り、治療や研究に役立つことを目指しています。
「遺伝子検査受託」:異常な遺伝子を検出することで病気の原因を検査する技術で、癌やウィルス感染症などの検査を受託しています。
「研究用試薬の開発」:社内での研究や検査に使うことも目的として、イヌやネコ用のモノクローナル抗体を自社開発しています。病気の解析のためには、抗体は重要な武器になります。
「活性化リンパ球培養技術支援」:獣医療でも実施されている活性化リンパ球療法は、培養に特殊な施設と技術が必要で、動物病院に対して培養施設の提案や培養技術の提供を行っています。関連商品として、完全無血清でIL-2を含む培地を販売しており、活性化リンパ球の培養にすぐに使用できます。