車輪型立位乗用機の受動型搭乗安定化装置

Jst_Nedo大学技術イノベーション タグ追加

INOV_JAP

再生: 1,055

プライベートEXPO > 大学技術イノベーション プライベートEXPO > IJ函館 人材 > その他 
三上貞芳(公立はこだて未来大学・教授)
高橋信行(公立はこだて未来大学・教授)
鈴木昭二(公立はこだて未来大学・准教授)

セグウェイなどの立位乗用機に乗る際に感じる不安は,意図せず後退することが原因のひとつと考えられます.台を設ければよいが,持ち運びの問題があり,また自転車のスタンドのようにすぐ解除されてしまうと,習熟する前に補助が失われる不都合があります.そこで,リンク機構とばねのみで,搭乗直後の後方移動を防ぎ,ある程度走行すると自動的に本体に収納される安全装置を開発しました.

連絡先:三上貞芳(s_mikami@fun.ac.jp)